カムカムメールマガジンの登録と解除はこちら!

木造軸組在来工法と基礎構造

日本の伝統工芸。住宅の主流 「木造軸組在来工法」

日本でもっとも広く普及しているのが柱と梁で構成される在来工法、あるいは軸組工法といわれる工法で、住宅全体の80%近くにのぼります。

阪神大震災では、この軸組工法が多大な被害を出したことで広く知られていますが、この被害の実態は古い建物や耐震基準を満たしていない建物に多く発生し、平成以降の新しい建物ではほとんど被害がありませんでした。

木の香りを残したい、といった伝統的な木の文化の中で育ってきた日本人には、無垢の木を使い、随所に木の温もりを感じることが出来る捨てがたい工法なのです。

反対にプレカットと呼ばれる工場での木材加工が主流となり、伝統工法と言われつつ、本当の意味での「木を刻む」という大工文化の伝承が危機に瀕している事も事実です。

もう、大工・棟梁といった言葉は都市部では死語になりつつあり、無垢材のフローリング等を取り入れつつ、プレカット工法、剛性床、外壁通気工法、外断熱等々いろいろな工法が研究され取り入れられ、軸組工法といってもその特徴を明確に示す建物は少なくなりつつあります。

また、耐震面では阪神大震災の検証を踏まえ、平成12年に改訂された現在の建築基準法では、構造面が非常に細かく規定され、十分に大きな地震に対応できる構造に変化しました。

いままで弱かった部分も2X4の面構造を取り入れた剛性床や集成材の活用により、安定した品質を作り出すことが可能となっています。

しかし反対に工法が複雑な分、やはり大工さん等の技術の習熟度合いによって、仕上がりや耐久性、入居後のクレームといった面でも大きな差が出てしまうのも事実です。

特にカムカムの家は複層住宅という、さらに複雑な家を多く建てていますから、カムカムの家づくりを熟知した専属大工=棟梁が昔ながらに一人で建築し、かつ現場監督が現場管理をしっかり行い、皆様に安心して生活できる家づくりをしています。

デザインは斬新でモダンですが、基本設計と大工さんは木造軸組在来工法を熟知したその道のベテランが建てています!

◎特徴

軸組ってなあに? 

軸組(じくぐみ)とは、在来工法あるいは軸組工法と呼ばれている工法の中で、土台や柱、梁あるいは小屋組といった建物の骨格になる部分全体を総称して軸組(じくぐみ)と称しています。

■軸組の名称

下の図は軸組の代表的な名称ですが、軸組工法は基本的には、柱、梁、耐力壁の3つの部分から成り立っています。

】 柱は建物の重さや力を支える垂直に立てられた部材の総称です。

】 梁は上からの重さや力を柱や基礎に伝達するために水平に組まれた部材の総称です。

そして、難しそうな名前の数々も、それぞれの部位によって古来からいろいろな名称で呼ばれているだけです。

耐力壁】 軸組の中で地震に対抗する部分を耐力壁といい、筋交いに代表される軸組工法にとっては無くてはならない部分です。

下はその代表的な名称と部材の目的です。

通し柱】・・とおしばしら 1階から2階の上まで1本の木を使った柱

菅柱】・・くだはしら 各階に建てる正形の柱のこと。通常、柱とはこの部分のことを言う

間柱】・・まばしら 管柱の間にいれる下地用の柱で管柱の寸法の1/3~1/2の幅のもの

小屋束】・・こやづか 屋根の梁(母屋)を支える柱のこと。

土台】・・どだい 基礎と建物を繋ぐ水平材

】・・はり 使う部位によって、胴差、軒桁、床梁などいろいろな名称で呼ばれているが、水平材の総称

母屋】・・もや 小屋組の中の水平材。 【大引】・・おおびき 床を支える梁のこと

根太】・・ねた 床下地の直前の水平材。床の重さを大引きや床梁に伝える役割

(*1)・・建物の重さを垂直に支える部材。総称して柱と考えればよい。

(*2)・・建物の重さを水平に支える部材。総称して梁と考えればよい