カムカムメールマガジンの登録と解除はこちら!

特許! 耐震羽子板ボルト~緩みを出さないスプリング付ボルトで家をガッチリ守る~

開発者からのメッセージ(㈱ベンチャーボルト代表取締役 川田弘基様)

いまだ記憶に残る阪神・淡路大震災では、特に古くなった建物が多かったが木造住宅の被害が目立ち、ほとんどの犠牲者は家屋の倒壊による圧死でした。
大地震での木造住宅の倒壊は構造上の欠陥によるものであり、私は十代からの大工職人の経験の中、この問題について研究をしてきました。
その結果「木材は木と水である」という重大な特性に気付きました。
柱は建物を支え、梁は柱を補強して建物の荷重を受け止めます。日本の伝統的な軸組木造住宅に使用する「羽子板ボルト」は、柱と梁が直交する接合部分をしっかりと固定するための補強金具で、30坪前後の住宅1棟で約100本~120本使用し、木造軸組住宅において最も多く使用される金物の一つです。羽子板ボルトは最も多く使用される金物だけに、住宅の耐震性能に大きく関わってくる重要な金物。実際、羽子板ボルトを取りつける前と後では家の揺れ方が全然ちがうんです!
z-hagoita05z-joutou-hagoita03
現在の仕口工法による木造住宅は最初から重大な問題を抱えており、新築・改築をしても柱や梁が乾燥して半年で数ミリ細くなり、しっかり固定されているはずの羽子板ボルトのナットが手で回ってしまうほど緩んでしまい非常に危険な状態になっているのです。
これまでの羽子板ボルトでは、すべての骨組みが緩んでしまい何の意味もありません。
これでは大きい地震が起きた場合に倒壊する恐れが高く、二度とあのような大参事が起こらないようにとの思いでカワダ式羽子板ボルトを開発致しました。

 

 

 

強力スプリング付「カワダ式羽子板ボルト」で木材の乾燥収縮による「緩み」を出さない!

木造住宅は新築して半年ほどで木材の乾燥により木が痩せ細ってしまい、重大な問題が生じてしまいます。
近年、耐久性を向上させたり乾燥による割れや収縮に対応するため、集成材や乾燥材が使用され昔に比べて大変良くなりましたが、空気に触れている以上は少なからず木痩せが起こってしまいます
そうした木材の性質により従来品の羽子板ボルトでは防ぐことの出来なかった木材と木材の接合部に生じる緩みに対し締付け時には約9mm圧縮された強力なスプリングが木材同士を引き付け、木痩せに追従・弾性回復し続けるので、締付け力が半永久的に維持され、接合部の緩みや建物のゆがみを防ぎ強度を保つことが出来ます。

「カワダ式羽子板ボルト」はこうした木材の乾燥収縮による「緩み」を出さない強力なスプリング付。完全に締付けることで、約9mmスプリングが圧縮され、木材の収縮量に応じて弾性回復することで半永久的に緩むことがありません。

30坪前後の住宅1棟で約100本~120本使用し、大地震が起きても家をガッチリと守ります。

構造はネジ棒を羽子板の筒に通して連結し、筒とネジ棒のネジ切りされている部分との間にコイル状のスプリングを通し、ナットをインパクトレンチで締め付けることで木材と木材をしっかり固定します。

そうすることによりコイル状のスプリングが約9mm程圧縮され、1棟の建物で使用する100本以上の羽子板ボルトの1本1本が木材の経年変化に伴う収縮量と同程度またはそれ以上の追従効果(スプリングが360kg以上の力で木材同士を引付けている)を発揮するため、柱と梁・土台などの木材と羽子板ボルトの締結状態が半永久的に維持されので、接合部分の緩みやそれによって生じる建物の構造全体のゆがみを防ぎ強度が保たれます

日本で初めて特許取得!の耐震羽子板ボルトを岡山で初めて採用!、しかも全住宅標準施工!

建築業界で日本で初めての特許を取得しました。
特許番号 特許第2801854
改善効果1材等からなる建築用部材が経年変形に伴い收縮しても、その收縮に応じてコイル状バネワッシャーが弾性復帰するので、ネジ棒及びナットによる締め付け力を維持することができる。
改善効果2梁と梁同士、梁と柱同士、梁等と係止板同士、木材とコンクリート同士等建築用部材同士の締結状態を維持し、建築物の強度を長期に亘り保つことができる。
改善効果3 ネジ棒が案内筒を介して係止板に連結され、該案内筒とネジ棒後端の鍔部との間にコイル状バネワッシャが介装された構成とする場合には、組み付けに際しナットを回すだけの簡易な操作で建築用部材を締め付けることができる。

国の機関から表彰されるなど、PL法にも基づき安心安全かつ、信頼ある製品です。
・2004年 (社)発明協会 東京支部 主催 東京発明展  関東経済産業局長賞
(財)日本住宅・木材技術センター/住宅金融公庫Z金物同等認定品
商品名 耐震カワダ式羽子板ボルト
材 質 板部:JIS-G3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC パイプ部:JIS-G3452(配管用炭素鋼管)
表面処理 JIS-H8610(電気亜鉛メッキ)2種2級Ep-Fe/Zn5/CM2